夏が来た〜!のサイン、シャワーツリー

 

ハワイにはトロピカルな地域で育つ多くの植物があり、ビビットな色合いの花が強い日差しの中で元気に咲いています。ハワイの代表的な花のひとつでもあるプルメリアなども一年中咲いているイメージがあるかもしれませんが、実はシーズンがあるんですよね。

冬になるとほとんどの花を落とします。でも春になるとまたどんどんとつぼみをつけ、つやつやした新しい葉も芽吹き、夏に向けて一斉に咲き始めます。

 

ハワイで特に季節を感じる花といったら、それはシャワーツリーです。咲き始めると、ここにもあそこにも、という感じでかなりのシャワーツリーが街中にあることを再認識。でもそれ以外の時期は地味〜にたたずんでいるのでなんとなく忘れてしまうんですよね。木によってかなり個体差があるみたいですけど、5月になるとあちこちで花が咲き始め、「あー今年もこの季節か〜。」としみじみ思わせてくれます。黄色がベースでそこにピンクやオレンジ色がグラデーションになっている花が枝から垂れ下がるように咲く姿は、まるでシャワーのように降り注いでいるかのように見えますよねぇ。

 

このかわいい花びらが散って風に舞う様子もなんともいい感じなんです。丸くて少しカーブのついているような小さな花びらは、風に吹かれてはらはらはら・・・という感じでゆっくりと舞い落ちます。まるで桜の終わりの時期に風に舞う桜吹雪のような、なんともハワイっぽいわびさび(?)を感じる景色で大好きです。マメ科の植物なので、花が終わると黒っぽい硬いさやに入った実をつけます。

 

青空の下で風に揺れるシャワーツリー。眺めているだけで癒されます〜!