ゆる〜い感じがよかったアイランド・ミュージック・アワード!

ハワイの音楽といっても、その種類は本当に多種多様。その中でもアイランド・ミュージックと言われるジャンルはそれだけをかけるラジオ局があるくらい、アーティストも多いしファンも多いんですよね。そのアイランド・ミュージックというジャンルにしぼって人気のアーティストを一般の投票で決めるとう Island Music Award の1回目が6月9日にホノルルで開催されました。

 

以前ジャワイアンと呼ばれていたハワイ発のレゲエ系ミュージックは最近ではアイランド・レゲエやアイランド・ミュージックと呼ばれることが多く、いわばそういうジャンルのアーティストが集まるアワード。ノミネートされていたのはThe Green、Rebel Souljahz、Kommon Kings、Landon McNamara、Anuhea、Sammy Johnson、Bo Napoleon、Kimie、Eli Mac、Damian Murley、J Boogなどなど。ハワイ出身のアーティストだけではなくメインランドやニュージーランドなどパシフィック・リムに位置する島々のアーティストも対象になっていて、まだキッズながらハワイのラジオではハイロテーションのNZ出身 General Fiyahも堂々好演!

 

今回が1回目となるイベントで、イベントの進行や会場の雰囲気もゆる〜い感じだったけど、それはそれでこういうジャンルの曲にも合っているような気もしてなかなかいい感じ。アワードの発表の間のパフォーマンスも充実してました!サーファーでもありミュージシャンでもある Landon McNamara が Male Solo Artist of the Year と Breakout Artist of the Year の二つを受賞。ステージの上で受賞の挨拶をする Landon は、彼の音楽とミュージックビデオから持ってた印象とは「だいぶ」違うと言わざるを得ない、恥ずかしがり屋さんというべきか?ちょっとだけずっこけ系というべきか?ぼそぼそと話すその姿が爆笑を誘っていました。でも歌を歌い出すと、そう、あのかっこいいLandonなんです。上の動画は会場での映像。自然とオーディエンスがスマホのライトをつけてゆらゆら。演奏が終わってからLandonがすっごく喜んでました。

 

★